白髪が多い場合は、白髪染めをする回数も多くなります。

白髪染めの回数が増えることで、髪や頭皮にも負担がかかってしまい、髪が傷んだり頭皮ダメージを起こします。

そんな時は部分染めとして、マスカラを使ってみてはいかがでしょうか?

最近は、評判の良いマスカラも多数販売されています。

評判のマスカラを紹介します。

白髪染めの、マスカラってどんな商品?

白髪染めにも色んなタイプがありますが、部分染めとして使うのがマスカラタイプになります。

どんな時に使うかというと、普段全体の白髪染めをしている人でも、1ヵ月もすると髪の毛が伸びてきてしまい白髪がわかるようになりまよね。

その白髪の伸びた部分に使い、白髪をわからなくするのが、マスカラです。

他にも、染めるほどでもないけど抜くには本数が多い人なども使っている人はいます。

急なお出掛けにもサッと塗れて白髪をしっかり隠してくれるので、愛用者も多くなってきています。

この部分隠しにも種類があり、マスカラの他にもファンデーションタイプやブラシタイプなどもありますが、マスカラはピンポイントで白髪を隠せるとして、人気の商品になっています。

しかし、この部分染めにも上記のようなメリットもありますが、デメリットもあります。

白髪染めマスカラは、通常の白髪染めと違い髪の毛の内部に浸透させて染めるタイプではなく、白髪の表面に色を塗るだけなので、シャンプーすると落ちてしまいます。

白髪染めマスカラの使い方を紹介!

マスカラタイプは、ブラシタイプと違い基本的には小さいブラシになっています。

形状も目元に使うマスカラと同じような形をしています。

使い方は、これもほぼ目元用のマスカラと同じように使います。

マスカラは、基本的には乾いた髪の毛に使います。

そして、気になる白髪の根元から塗ります。

この時に注意してほしいのが、ダマにならないようにブラシを出すときはブラシをしごいてから塗るようにしましょう。

白髪にピンポイントで塗るので、量が多くなるとダマになってしまい垂れてしまう恐れもあります。

マスカラで塗った後は、乾くまで放置してください。

雨の日や帽子などで蒸れた場合は、液が取れる場合があるので注意してください。

マスカラを塗った日は、シャンプーで液をしっかり落としてから寝るようにしましょう。

マスカラタイプは、広範囲の白髪を隠したい場合は、不向きな商品で、分け目や生え際などで目立っている白髪をピンポイントで隠すのに最適な白髪染めです。

白髪染めマスカラのおすすめ!

最近はマスカラタイプも人気があり各メーカーから発売されています。

その中から、おすすめの商品を紹介しますね。

「ビゲン ヘアカスカラ」

白髪染めの商品の中で人気のあるビゲンから発売されてるヘアマスカラです。

ブラシ部分がコームになっていて、その間にスポンジが入っているので、液が充分に染み込むので、ムラなく一気に染めることができます。

色は「ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ナチュラルブラック」の4色あるので、自分の髪に近い色で染めてください。

「サロンドプロ カラーオンリタッチ白髪かくしEX」

この商品は使うたびに徐々に白髪が染まっていくタイプです。

ブラシは、アーチ型のブラシになっていて生え際やちらほら生えている白髪が染めやすいです。

色は「明るいライトブラウン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ナチュラルブラック」の5色発売されています。

徐々に染まっていくタイプは、白髪が気になる人には、嬉しいタイプですね。