今トレンドの白髪染めのカラーと言えば「アッシュ」です。

アッシュにもブラウン・ブルー・イエローと色んな色があり、各メーカーから商品が沢山発売されています。

自分に合う色は「ブラウン?ブルー?イエロー?」と悩んでしまいますよね。

今回は、自分にあった色の選び方と白髪染め「アッシュ」の人気商品を紹介します。

アッシュで髪色はどう変化するの?

市販の白髪染めで変わったところと言えば、種類とカラーが豊富になったということです。

白髪染めの種類も、ヘアカラー・カラートリートメント・シャンプーや一時染めなど種類も多いです。

形状も昔は、ヘアカラーだと1剤と2剤を自分で混ぜて使うクリーム状のみだったのが、今では既に液剤が混ざっているタイプや液状・泡など沢山発売されています。

カラーも色んなカラーが発売され、特に最近になって多くなっているのが「○○アッシュ」や「アッシュ○○」です。

色にアッシュを足すことで、髪色にどんな変化があるのでしょう?

アッシュを色で表現すると「灰色(グレー)」になります。

アッシュは色の表現ではグレーになりますが、主に仕上がり具合を変えます。

例えば通常のブラウンをアッシュにするとブラウンのカラーの仕上がりの髪をグレーっぽいブラウンにしてくれます。

実際の色より、青や青紫の寒色系の色に近くなります。

日本人の多くの人の髪は赤味を帯びています。

そして、その赤味のある髪に白髪染めやオシャレ染めをすると、赤味がより強く残りやすくなるので、赤味を消すためにアッシュが使われます。

髪色の赤味が嫌いな人は、髪色の赤味を消す効果があるアッシュがおすすめです。

自分に合ったカラーを選ぶコツとは?(白髪染め)

髪を染める時って、自分の好きな色を選んでしまいがちですが、好きな色と似合う色は微妙に違うので注意してくださいね。

色を選ぶ時のポイントを紹介しますので参考にしてください。

「顔・瞳の色で選ぶ」

顔の白い人は基本的に明るい色、黒っぽい顔の人は暗い色が似合います。

これは瞳においても同じで、瞳の色が茶色っぽい人は明るめを、そして黒い瞳の人は暗めを選ぶと良いでしょう。

私の娘は、髪も瞳も黒っぽいのですが、ライブなどに行く時はカラーコンタクトを入れるので、カラーコンタクトの色にあわせて髪色も明るくチェンジします。

カラーコンタクトを入れる時に、少し冒険してみるのも楽しいですよ。

「白髪の量」

白髪染めの場合は、カラーを同じ色にしても、白髪の量で明るさがかなり変わってきます。

白髪の量が多い場合は、選んだ白髪染めの色がでやすいのですが、白髪の量が少ない場合は、全体的に暗いイメージになってしまいます。

白髪の量が多い人は、思った色に仕上がりますが、白髪の量が少ない人は、希望の色より1トーンか2トーン明るい色を選ぶと思った色に仕上がります。

アッシュ系(ブラウン・ブルー・イエロー)人気商品とは?

アッシュ系にしたいけど、どれにしようか悩んでいる人は参考にしてください。

「ブローネ 香りと艶カラー」4A アッシュブラウン

生え際の染めにくい部分にも濃厚なクリームがピッタリ密着して染めてくれます。

白髪染め特有のツンとした臭いもなく、使いたい分だけ使え、残りを取っておけるタイプになっています。

色も落ち着きのあるブラウンです。

「シエロ ヘアカラーEXクリーム」3C キャラメルブラウン

アッシュ系のイエローが見当たらなかったので、イエローに近いイエローブラウンを紹介します。

イエローは明るい色になるのですが、ブラウンも入っているので、あまりキンキンに明るいタイプではないので、試しやすいと思います。

「エブリ ヘアカラー」ブルー

アッシュは、ブルーや青紫などの寒色系の種類にはいるので、あらためてブルーをアッシュにする必要がないのか、ブルー系のアッシュはないようです。

白髪染めでブルー系を探した結果、ヘアカラーではありませんが、トリートメントタイプであったので紹介しますね。

使うたびに色がつきます。

アッシュよりのブルーになるには、白髪50%の場合で10回程使用すると、暗めのブルーに仕上がります。

白髪染めの色も豊富なので、自分にあった色を探してみてくださいね。