白髪染めを美容院でする人もいますが、最近は市販品の白髪染めも多くのカラーが販売されホームカラーする人も増えてます。

特に市販のおすすめはアッシュ系で女性に人気です。

アッシュ系にも沢山の色があり、アッシュグレーという色もあるようです。

今回は、女性におすすめのアッシュはどんな色?そしてアッシュグレーの市販品を紹介します。

アッシュ系とはどんな色?

最近では、若い人から40代くらいの私くらいの年齢の人でも、カラーにアッシュを取り入れている人は多くなっているようです。

実際、私もアッシュと文字が書かれている市販の白髪染めを選んでいますが、正直アッシュとはどんな色なのかわかっていません。

調べてみると、アッシュという色は各メーカーで微妙に違う色になっています。

青色と考えているメーカーが多いようですが、本来のアッシュの意味は「グレー(灰色)」を意味します。

色んな色にグレープラスすることで、色が暗いイメージになるようです。

ではなぜ、アッシュを選ぶ人が多くなってきているのでしょうか。

なぜ?今アッシュ系に人気があるの?

最近のアッシュ人気には、意味があるのでしょうか?

そもそも、日本人の髪の毛の色を作っているメラニン色素は赤味を含んでいます。

そのため、色を染めるためにブリーチすると髪の毛に赤味がでてきてしまいます。

白髪染めやオシャレ染めを経験したことのある人なら、染めるたびに髪の毛が赤っぽくなっているのがわかると思います。

私も美容室で白髪染めをしている時は、何回かに1回は少し暗めの色で染め赤味を抑えるようにしていました。

そんな赤味が嫌な人が染めるときに使う色がアッシュ系のようです。

アッシュ系をいれることで、色がはっきりしなくなり柔らかくなる点も人気をよんでいます。

ただブラウンで染めるのではなく、ブラウンにアッシュをいれることで、少し柔らかいイメージになります。

そして、なにより人気の理由が「外人風」に憧れてアッシュ系を選ぶ人が多いようですよ。

市販品白髪染め!おすすめのアッシュグレーはコレ!

アッシュという意味が灰色なので、アッシュグレーとなるとアッシュカラーの中でもアッシュが強くでるので、無彩色に近いグレー系の色になります。

仕上がりはクールでドライなイメージになります。

あまり市販品ではアッシュグレーというのは販売されていなく、特に女性の場合は、アッシュグレーを使うと髪色がかなり暗くなってしまうので、ブラウン系のアッシュカラーを選ぶ人が多いです。

それでもアッシュグレーに近い色に仕上げたい人におすすめなのがPOLAから発売されている「グローイングショットカラートリートメント(ブラック)」です。

今人気の白髪用ヘアカラーで、ダメージを補修しながら白髪をアッシュカラーにしてくれます。

今の髪の毛の色でOKな人にはおすすめです。

今の髪色より少し明るくしたい人は、ブラウン系のアッシュにすると、赤味のない柔らかいブラウン系の髪色に変身できます!