ドラッグストアに行くと市販の白髪染めが並んでいますよね。

昔に比べると種類も豊富に販売されているので、購入する時に悩む時があります。

そんな時は、ランキングを参考にするといいですよ。

市販の白髪染めは男女別に並べられていますが、男女共用の商品はあるのでしょうか?

ドラッグストアーで買える人気の白髪染めを紹介します。

白髪染めは男女共有して使って大丈夫?

白髪染めはドラッグストアーなどでも多く販売されていますが、女性用の方が男性用に比べるとかなり多く発売されています。

オシャレ染めの場合は男性用の種類も多いですが、白髪染めに関しては女性用に比べると半分以下の数しか置かれていないドラッグストアーは多いです。

しかし、性別に関係なく白髪は年齢とともに増えてきますよね。

それに、白髪は男性のほうが女性に比べると若干早い年齢から生え始めるようです。(男性が35歳前後、女性が38歳~40歳)

それなら、白髪染めも男性用を多く発売してもよいものだと思うのですが・・・。

何か理由があるのでしょうか?

女性に比べると男性はあまり白髪を気にする人が少ないという理由が多いのですが、最近では昔に比べると男性用の種類も増えてきているので、まだ若い人は染めるようになってきているようです。

それと大きな理由が、色のバリエーションの違いです。

男性用の白髪染めも各メーカーからは発売されているのですが、色のバリエーションが3色前後しかない場合が多いので、店頭に全カラー並べたとしても少なくなってしまうのです。

それに比べて女性用は、何10種類もカラーがあるので、店頭に並んでいる数にも違いがでているようです。

では、男性用と女性用では違いがあるのでしょうか?

その点なのですが、男性用と女性用にはこれといった違いはないようなのです。

女性用は髪を美しくする保湿効果のある成分や有効成分が含まれている場合が多いですが、その他の白髪を染める成分は男女での違いはほとんどないようなのです。

男性も女性も白髪が生えるメカニズムは同じなので、白髪染めの成分は同じというのもわかります。

したがって、女性が男性用を使っても・男性が女性用を使っても、何も問題はないということになります。

髪がパサつくのが嫌な男性やオシャレな色を試したい男性は、女性用を試してみてはいかがでしょうか!

ドラッグストアーで人気の白髪染めを紹介

白髪染めは、男女関係なく使えることがわかったところで、今人気の白髪染めを紹介します。

「ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム」

人気色は、6Pの深いダークピュアブラウンになっています。

既に1剤と2剤がワンプッシュすると同時に出てくるようになっているので、直接付属のコームに出し染めれる便利さで人気がでた商品です。

さらに、残った分は次回にとっておけるので、経済的にも魅力があります。

男性は短髪が多いし、簡単なのでいちど試してみてくださいね。

「ホーユー ビゲン香りのヘアカラークリーム」

人気色は、6のダークブラウンです。

この白髪染めの特徴は、毛染め特有の臭いをカットしています。

配合されている潤い成分が白髪染め特有のパサつきを軽減してくれます。

この商品はチューブタイプになっていて、混ぜる必要はありますが使いたい分だけ出せて残りは取っておけます。

臭いに弱く、パサつきが気になる男性におすすめできます。

白髪を効果的に染めるテクニックってある?

染まりやすいと広告されている白髪染めでも、あまり綺麗に染まらなかった経験をしたことってありませんか?

キチンと染まるように効果的に染める方法を紹介します。

1. 白髪染めをする前に、髪や頭皮の汚れを取り除き、染まりやすくするために「ブラッシング」をします。

2. カラー剤を塗っていくのですが、この時の注意点は「染まりにくい部分」から先に塗っていきます(耳周りや襟足など)

3. 白髪が多い部分は、カラー剤を多めに塗ると染まりやすくなります。

4. カラー剤を塗り終わったら、カラー剤が入りやすくするために温めます(ヘアキャップやサランラップを巻きます)

5. 説明書の放置時間そのままの状態をキープします。

6. 髪の毛が太い・硬い人は、放置時間を5分程度長くすると染まりやすくなります。

染まりにくい人は、上記を参考に染めてみてくださいね。