市販の白髪染めは多く、新商品も次々と発売されています。

特に女性用は色も豊富な分、種類は多いです。

白髪を染める場合は、元の髪色より明るめに染める人が多いです。

女性はいつまでも若々しくいたいものです。

種類が多いため、ランキングを見て購入する人もいますよね。

市販の白髪染めランキングから、人気の明るめの新商品を紹介します。

白髪染めの色のバリエーション

昔の白髪染めは、オシャレ染めに比べると色のバリエーションもかなり少なく、黒色~茶色ぐらいでしたが、最近では明るめの色のバリエーションが増えてきています。

白髪染めをすると髪が暗くなるので、暗いイメージがありました。

しかし、今ではどのメーカーも色のバリエーションが豊富に発売されているので、自分にあう色を選ぶことができます。

色のバリエーションですが、昔だと茶色ならブラウン・ライトブラウンぐらいでしたが、最近はブラウン系でも何種類もあり、オレンジ系やマット系・アッシュ系など本当に沢山でています。

そのメーカーによって色も少しずつ変わるので、パッケージの裏の色見本を見ながら自分にあった色を探してみてください。

その時の選ぶポイントとして注意してほしいのが、自分の白髪の割合です。

白髪と黒髪の割合が違うと、同じメーカーの同じ色を使っても、人によって色味が変わってきます。

白髪が少ない人は、選んだ色より暗くなり、白髪が多い人は選んだ色に近い色に仕上がります。

白髪の少ない人で明るめに白髪を仕上げたい人は、自分が思っている色よりワントーン明るい色を選ぶと自分のしたい髪色に近付けます。

白髪染めをする時のポイント

白髪を染める時に知っておくと良いポイントがあります。

それは、自分の髪質を知っておくことです。

髪質の違いで染まりやすさが変わってくるので、知っておくと便利です。

一般的に言われているのが、髪の毛が柔らかい人・細い人の場合は、白髪はよく染まりやすいと言われています。

反対に、髪の毛が硬い人・太い人は染まりにくいと言われています。

これはパーマなどにも当てはまるので、覚えておいてくださいね。

私の髪の毛は、量が多く・硬い・太い髪質になりますので、パーマをかけても人より放置時間が長かったり、美容院で髪を染めてもらう時も時間が人よりかかってしまいます。

しかし、友達は私と反対の髪質で、柔らかく・細いので、美容院でもすぐ染まるのか時間はあまりかからないようです。

このように髪質で染まり方が変わるので、自分が太くて硬い毛の場合は染める時間を長めにするなどの、調整をしてみるといいでしょう。

髪質に似合う色も紹介しておきますので、色に悩んだ時は参考にしてください。

硬い・太い髪質の場合は「レッド系・オレンジブラウン系」がおすすめです。

柔らかい・細い髪質の場合は「ゴールドブラウン系・アッシュブラウン系」がおすすめです。

市販の白髪染めおすすめランキング!(新商品 女性用)

新商品の市販白髪染めでおすすめなのが「クレオデイーテ ヘアカラー エマルジョン」です。

この商品は、白髪があっても髪色をオシャレに楽しみたい女性の為に作られた商品です。

白髪も黒髪もバランスよく染まり、カラーも10色あるので、自分らしい髪色を見つけることができます。

白髪染めも明るい色に対応しているので、オシャレ染めのように楽しみましょう!