市販の白髪染めはメーカーから沢山発売されています。

液状・クリームそして人気になっているのが泡タイプです。

白髪が出始めた30代に明るめの色の泡タイプが人気があるようです。

購入する時は、ネットで明るめの市販の白髪染めのランキングを見て購入する人もいるようです。

30代ではどんな白髪染めがランキングされているのでしょうか?

白髪染めの色を決めるときの選び方!明るめはどんな人に向いているの?

白髪染め・・・。

私もしています!

白髪があるとどうしても老けて見られてしまいます。

自分でも鏡を見ると白髪があると老けた印象を受けて、落ち込むことも多々あります。

そのため、どうしても明るめの色を選んでしまうのですが、その選び方は正解なのでしょうか?

自分でも思う時があるのですが、あまりに明るめの色を選ぶと白髪だけが浮いている時があるんです。

そんなこと思ったことはありませんか?

色選びにも何か基本的な選び方があるのでしょうか?

明るい色は、まだ白髪の量が少ない30代の人におすすめです。

白髪を初めて染めようと考えている人におすすめです。

白髪の量が少ないと仕上がった印象は元の髪色になるので、暗いイメージになってしまうからです。

いったん暗い色に染まってしまうと、次に明るめの色にするときに染まりにくくなってしまうので注意してくださいね。

初めての人や白髪の量が少ない人は、自分の髪色よりも明るめの色を選ぶようにしましょう。

白髪染めのやり方で注意する点とは(泡タイプ)

私が白髪染めを初めてしたのが、中学生だったのですが(思春期特有の白髪でした)その時のメーカーから発売されていたのは、クリームタイプのみだったと思います。(もう30年も前の話しなのですが・・・)

今は色んなタイプ・色が発売されていますよね。

その中でも、急上昇しているヘアカラーが「泡タイプ」のようです。

泡タイプの白髪染め・オシャレ染めのCMは最近になってかなり宣伝されています。

それを見て購入している人も多いようです。

私の娘もオシャレ染めをするのですが、美容院に行く時間がない場合は「泡タイプ」を購入して自分でしています。

なぜ、泡タイプなのでしょうか?

娘いわく「簡単」だそうです。

カラー剤は泡ででてくるのでそのまま髪の毛に塗れ、液ダレもしにくいです。

そして、泡を髪の毛に揉みこんでいくのでムラができにくいといわれています。

特に長い髪の毛の場合は、他の白髪染めより染めやすいようです。

揉みこんで上に持っていけば良いので、やりやすいのも納得いきますよね。

注意する点は、泡がそのまま出てくるタイプもありますが、混合液を自分で混ぜて泡を作るタイプもあるので、その場合は混合液をしっかり混ぜてください。

そして、まとめて付けるのではなくて、適量の泡を手に出して染めにくい部分・白髪が気になる部分を中心に付けていきます。

自然と泡が広がっていくので、髪の毛に揉み込むように全体につけていきます。

この時に注意するのは、髪の毛に揉み込むのであって「地肌・頭皮」には揉みこまないようにしてください。

市販の白髪染めのランキング(泡タイプ)

では、人気の泡タイプの白髪染めを紹介しますね。

「ブローネ 泡カラー」

色のバリエーションが22色もあるので、自分の好みの色を選ぶことができます。

揉みこむとねっとりと重たい泡に変化し、髪により密着し、染め上げていきます。

初めて白髪を染める人には、他の白髪染めより染め方も簡単なので、泡タイプからチャレンジしてみるといいですよ!