30代後半から目立ち始めるのが白髪です。

白髪が生え始めると白髪染めを使う人も増えてきます。

白髪染めの市販ランキングを見て購入する人も多いのではないでしょうか?

市販では、色も黒~明るめなど種類も多く発売されてます。

できれば明るめの色を長く保つようにしたいですよね。

今回は、ランキング&明るめの色を長く保つ方法を紹介します。

白髪染めにも種類があるのを知っていますか!

私も白髪染めをしている1人なのですが、初めは白髪の量も少なかったので、美容院で染めていたのですが、30代後半になると量も凄く増えてしまいました。

そうなると、染める回数も多くなったため、現在では市販や通販で購入して自分で染めています。

市販で染めるようになってからわかったのですが、白髪染めにも種類があるようです。

私が染めているのは「ヘアカラー」なのですが、他にも大きくわける「ヘアマニキュア」と1日だけなど一時的に白髪を隠す「一時染め」があります。

私が使っているヘアカラーが白髪を染める最も主流のようです。

ヘアカラーは、メラニン色素を分解して染料を髪の内側まで浸透させ染めるので、劇的に髪色が変わり白髪も1番長くもちます。

しかし、良い点ばかりではなく、髪の毛や頭皮に負担が大きいので髪が傷んだり、体質的に合わない人は、アレルギー反応がでてしまう可能性もあるので、使う場合はパッチテストが必要になってきます。

その点、ヘアマニュアは、髪の内部にまで浸透せずに髪の表面だけを染めるので、負担も少ないです。

しかし、表面だけを染めているので色落ちも早く長持ちがしないというデメリットもあります。

一時染めは、白髪染めをして伸びた部分に一時的に使うものなので、シャンプーをするとその日のうちに取れてしまいます。

急なお出掛けなどで使用する場合が多いようです。

このように白髪染めにも種類があり、それぞれにメリットデメリットがあるので、自分のあった商品を選ぶようにしましょう。

白髪染めの市販ランキング

市販の白髪染めにも人気の商品があるので紹介しておきますね。

「ヘアカラー」

綺麗に染めたい人に人気があるのが「サロンドプロザ・クリームヘアカラー」です。

成分に椿オイルやパールエキス・ローズヒップオイルなどが配合されているので、潤いのある染め上がりにしてくれると人気の商品になっています。

色も明るい色が多数揃っていて、混ぜる手間がない簡単ワンプッシュタイプなのも人気をよんでいます。

「ヘアマニキュア」

ヘアマニキュアで人気なのが「ダリア サロンドプロヘアマニキュア・スピーディ」です。

ヘアマニキュアは、肌の弱い人におすすめの白髪染めです。

ダリア サロンドプロヘアマニキュア・スピーディは、放置時間が5分と少なく髪を傷める心配がないので人気です。

白髪染めを明るく長く保つコツ

白髪が1番長く保てる商品は「ヘアカラー」になります。

明るさは自分の髪色に似ている色のほうが長持ちしやすく、色浮きしにくいので目立ちにくいです。

しかし、私もですができるだけ若々しくなりたいので色は明るめを選んでしまいます。

ここでは、白髪染めを長く持たせる塗り方を紹介します。

白髪染めを長く保つには、染めた後のシャンプーとリンスを洗浄力のあまり強くない弱酸性の物に変えると長持ちするようです。

そして、洗う時も髪の毛を洗うのではなく、頭皮だけを洗うようにすると効果があるようです。

そして、リンスも良いのですが、キューティクルを整える効果が低いので「トリートメント」を使うことをおすすめします。

トリートメントは、開いているキューティクルを閉じる効果が高いので、白髪染めの色素染料が逃げるのを防いでくれる効果があるからです。

白髪染めは髪の毛をどうしても傷めてしまうので、トリートメントを使うことで髪の毛にも良いし、染料も逃げにくくなるので、使ってみてくださいね。