暖かくなって湿気がふえてくると、白い小さい虫を家で見かけたりしませんか?
我が家では、台所の引き出しや、久しぶりに出した素麺に、白い虫が数匹ついていました。

この虫は、チャタテムシといって、どのご家庭にもいる可能性があります。

数匹であればよいのですが、時には大量発生してしまうことも…。
今日は、チャタテムシの駆除方法について調べましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

チャタテムシの生態とは?

チャタテムシは、肉眼で見えますが小さい昆虫です。

拡大すると、白いアリのような見た目をしています。
ちょっと気持ち悪いですね(汗)

チャタテムシ 駆除
出典mushi-akashi.cocolog-nifty.com

チャタテムシの体長は、1㎜~2㎜
普段は薄暗いところに隠れていて、湿気がある場所が大好きです。

チャタテムシは弱い虫ですので、沢山の卵を産んでどんどん繁殖します。
その生態で特徴的なのが、単体生殖というところ。

メスとオスのつがいではなく、メス単体で卵を産むことが可能なんです。
ですから、チャタテムシにとって居心地の良い環境があれば、ネズミ算式に数が増えてしまうのです。

チャタテムシは、主にカビを主食としています。
そのため、湿気があって薄暗く、カビが生えている場所がだ~い好き。

床下や押入れ、ずっとしまいっぱなしの段ボールなどは、チャタテムシの家になってしまいます。

スポンサーリンク

チャタテムシの人体への影響、害悪

チャタテムシは、気持ち悪いだけでなく人体へ害を及ぼすこともあります。

直接噛んだり、刺したりすることはありません。
ただ、ダニと一緒で、糞や死骸からアレルギー反応を引き起こす可能性が指摘されています。

また、チャタテムシによる食害もあります。

チャタテムシは、乾物や粉物が大好き!
そのため、封を開けた鰹節や、つかいかけの小麦粉、乾麺などに大量に付着することも!

そのほか、チャタテムシはカビを主食としますので、大量発生している場合は、カビの被害も深刻なケースがあります。
カビによるアレルギー反応も心配ですね。

チャタテムシを駆除する方法

気持ち悪いだけでなく、実害もあるチャタテムシ。
見つけたら、早めに駆除対策をしていきましょう。

チャタテムシは、繁殖力は強いですが、虫自体はそこまで強くありません。
指でもプチっと潰せてしまいますが、数が多いとなかなか大変ですね。

そこで、いくつかの方法をご紹介します。

ゴキジェットなどスプレーで駆除

チャタテムシには、ゴキジェットやキンチョールなどのスプレーが効果的です。
例えば、大量発生している箇所に吹きかければ、すぐに死んでしまいます

ただ、チャタテムシは体が小さいので、畳の奥や、本の隙間に入り込んだものには薬剤が届きません。
そういったチャタテムシには、燻煙タイプの殺虫剤が良いでしょう。

バルサンなど燻煙タイプで駆除

目の行き届かないところまで、殺虫成分を行き渡らせるためには、燻煙タイプの殺虫剤がオススメです。
最近では、香りの残らないタイプや、煙の出ないタイプも発売されています。

ただし、食器類をあらかじめ袋にいれて隔離したり、終わってからは床や家具をふき取ったりと手間はかかります。

また、こうした殺虫剤は、卵には効果が薄いといわれています。
そのため、一度バルサンなどを焚いたら、それから2週間後にもう一度炊くと、卵からふ化したチャタテムシに追い打ちをかけることができます。

よほどチャタテムシに悩まれているなら、試してみる価値はあると思います。

アルコールで除菌する

チャタテムシそのものを殺すというよりも、チャタテムシのエサとなるカビを除去するのに役立ちます。

押し入れや台所など、チャタテムシを見かけたら、こまめにアルコールスプレーをしておきましょう。

台所用アルコールであれば、食器や調理器具にかかっても安心なのでオススメです。

除湿対策をする

チャタテムシは、温度が25度~29度、湿度75%以上になると大量繁殖します。

そのため、夏場には湿度をなるべく下げることで、チャタテムシの大量発生を防ぐことができます。

一番良いのは、除湿器をかけること。
エアコンのドライ機能は、強力な除湿器と同じ働きをします。

押入れやお風呂場に湿気がこもりやすい場合は、
扉を開けて、中に扇風機で風を送るのもオススメですよ。

チャタテムシは冬~春の対策が肝心

チャタテムシは、気温が低くなると繁殖できず、死んでしまうといわれています。

ですので、冬場になって気温と湿度が下がれば、自然と見かけなるものです。

しかし、翌年の夏には、またどこからともなく現れるのが不思議…。

大量発生させないためには、冬場にしっかりと換気をしてチャタテムシを一度駆除するのが大切です。

そして、春先から湿気対策、カビ対策をして、夏にチャタテムシを見かけないようにしたいですね^^

スポンサーリンク