白髪が気になり始めた人に人気があるのがヘアカラートリートメントです。その中でも利尻ヘアカラートリートメントは色味も豊富で人気があります。しかし、こんな噂もあるようです。髪の毛が緑色になってしまうというクレームです。利尻ヘアカラートリートメントを使うことで本当に緑色になってしまうのか調べます。

白髪染めの種類とは?

白髪が気になり始める年代は、一般的には30代後半だと言われています。

この頃の白髪はまだ少量で、白髪が少し気になる程度だと思います。

しかし、年齢が増すことで徐々に1本1本と白髪は増え始め、いつの間にやら白髪を「どうしかしなくては!」と考えるようになります。

白髪が目立ち始めると実年齢よりも老けて見えてしまうので、女性として早く毛染めをしたい気持ちになります。

でも・・・白髪染めのことを知らない人も多いです。

そんな白髪染め初心者の人のために「白髪染め」とはどんなものなのか簡単に説明したいと思います。

白髪染めには、大きく分けると「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」の3つに分かれます。

ヘアカラーで白髪染めを染める仕組みは、アルカリ剤でキューティクルを開いて色をいれていきます。

キューティクルを無理やり開くので髪へのダメージと頭皮にも負担がかかってしまいますが、白髪は1回で綺麗に染まります。

ヘアマニキュアの場合は、キューティクルを開かずに色素を髪の毛にコーティングしていきます。

頭皮や髪へのダメージは非常に少ないのですが、コーティングしているだけなので、シャンプーするたびに少しずつ落ちていきます。

ヘアカラートリートメントは、低分子化した色素を髪の表面やキューティクルの隙間に定着させ白髪を染めていきます。

科学系の薬剤を使用しないので、髪や頭皮へのダメージはほとんどありません。

しかし、1回では染まらずに使うたびに髪に色が定着していくタイプになります。

全て美容室でもできますが、最近はホームカラーといって家庭でする白髪染めが人気です。

その中でも人気なのがシャンプー後に使用できる「ヘアカラートリートメント」です。

頭皮や髪に負担がなく、トリートメント効果も一緒に効果が実感できるからです。

利尻ヘアカラートリートメントって人気なの?色味は?

人気のヘアカラートリートメントの中でも人気があるのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

通販販売になりますが、ヘアカラートリートメントの人気では常に上位にある商品になります。

無添加処方、そして配合されているのは28種類の植物由来成分なので、頭皮や髪には一切負担がかかりません。

なかでも利尻昆布には髪を健やかにしてくれる成分が豊富に含まれているのも人気の1つになっています。

他にも、色のバリエーションも通常のヘアカラートリートメントに比べると多いところも人気になっています。

カラーはライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの4種類あるので、自分の好みの色に染めれます。

利尻ヘアカラートリートメントで髪が緑色になるって本当?

利尻ヘアカラートリートメントを使って髪の毛が緑色になったと口コミしている人がいます。

緑色になってしまったとすると大変ですよね。

でも利尻ヘアカラートリートメントは1,700万本も売り上げている大人気商品です。

その口コミは本当か調べてみますね。

調べてみると実際緑色になったという人は少数ですがいました。

しかし、これは利尻ヘアカラートリートメントだけで起こっているのではありませんでした。

ヘアカラートリートメント+白髪染め・パーマなどを使った場合に起こっています。

原因は定かではありませんが、1番高い可能性だといわれているのが、化学反応で緑色になるようです。

カラートリートメントに含まれている「塩基性染料」とヘアカラーの「酸化染料」が化学反応を起こし緑色になるようなのです。

対策としては、白髪染めをする場合の1~2週間はヘアカラートリートメントの使用をやめてからヘアカラーすると緑色になる可能性は少ないようです。

ヘアカラートリートメントのみの人やヘアカラーのみで白髪を染める人には起こらない症状なので安心してください。