白髪がある男性も女性も白髪染めをする場合は、全体染めを使うのが一般的です。

でも、数本の白髪や伸びた部分を染める時は、全体染めを使うのは勿体ないです。

そんな時におすすめなのが部分染めです。

部分染めは、上記のような状態の白髪に活躍してくれます。

部分染めの白髪染めは使い方も簡単なので、邪魔くさがりの男性にもおすすめです。

部分染めとはどんな商品?どんな時に使うの?

一般的に白髪染めというと全体染めのことをいいます。

部分染めというのは、髪の毛全体を染めるのではなく、白髪の部分のみに使う物をいいます。

例えば、髪全体を白髪染めで染めたとしても1ヵ月もすると1cmほど伸びるので、白髪も目立ってきます。

この1cmのために白髪を染める人もいますが、髪には負担がかかりますし、経済的にも悪いです。

そんな時に、部分染めで白髪を隠すと白髪染めの間隔をあけれるので、髪にも経済的にも楽になります。

他にも、小量の白髪などにも「染めるほど白髪はないけど・・・出掛けるから染めようかな」と考えている人にもおすすめです。

部分染めは一時的に白髪を隠すので、髪の表面のみに色を塗り乾かして目立たなくします。

そのため、シャンプーをすることで色は落ちてしまいます。

出掛ける時とヘアカラーとヘアカラーの間に使うのが、部分染めの一般的な使い方です。

部分染めにもタイプがあります!

全体染めの白髪染めにも、クリームや液体・泡やジェルといったタイプがあるように、部分染めにもタイプがあります。

部分染めには、クリーム・ジェル・ファンデーション・スプレーなどがあり、その中からさらに、スティック・ブラシ・マスカラタイプなどの形状にわかれます。

一般的には、このような部分染めはシャンプーするまでの一時的に色が付くタイプが多いのですが、最近では徐々に色が付いていく商品も販売されています。

部分染めでもこれだけの種類が発売されているのですから、試してみるのもいいのかもしれないですね。

男性におすすめの部分染めとは?

白髪は、女性にとってはなにより隠したい部分なので、目立ち始めるとすぐに白髪染めをしているイメージがありますが、男性はそれほど白髪を気にしているイメージがありません。

私の父も母も白髪はそれなりにあり染めなくてはいけない状態でしたが、母は2ヵ月に1回くらいのペースで染めていましたが、父は未だに染めているところを見たことがありません。

やはり見た目も老けて見えてしまうので「染めたらいいのに」と言ったこともありますが「面倒くさい!」といって染めていません。

私の父のように白髪染めは面倒くさいというイメージが男性にはあるようです。

そんな面倒くさがりの男性にも部分染めなら、面倒くさい下準備もいらないしサッと塗れて簡単なのでおすすめです。

男性におすすめの部分染めを紹介しますね。

「利尻白髪かくし」

利尻白髪かくしは、徐々に白髪に色が付いていくタイプです。

通販でしか購入することはができないようなのですが、人気の無添加白髪染めのメーカーから発売されているので、商品的おすすめできます。

男性の人でも簡単に塗れるスティック上の筆タイプになっているので、生え際や数本の白髪を簡単に隠すことができます。

「メンズビゲン ワンタッチカラー」

この商品は部分染めではありませんが、1回で白髪が染まります。

毎日出勤する必要のあるサラリーマンや若白髪の人におすすめです。

部分染めも良いのですが、毎朝染めるとなるといくら簡単でも苦になってしまうので、1回で簡単に染めれるタイプも紹介しますね。

この商品は、片手でサッと塗れ放置時間も5分となっています。

その上、取り置きもできるので、経済的にも優れているんです。

白髪染めも沢山の種類があるので、自分にあった商品を見つけてくださいね。