白髪染めや部分染めをする場合、暗い色?or明るい色?と聞くと多くの女性が「今の髪より明るい色に染めたい!」と答えます。

その結果、店頭などで陳列されている白髪染めや部分染めの色の種類が豊富になりました。

せっかく染めるのなら、オシャレに変身したい!と思いますよね。

どんな色が人気なのか?おすすめ商品とともに紹介します。

白髪染めは明るい色に染まりにくいって本当?

白髪染めは明るい色に染めにくい!と聞いたことがあると思います。

でもせっかく白髪を染めてオシャレにイメージチェンジする機会なので、明るい髪色にしたい!と思いますよね。

私も始めて白髪染めを美容院でしたときは、現在の髪色よりも明るい色にしてもらいました。

美容院で白髪を染めてもらう場合は、髪の毛の専門の人にしてもらっているのですから、オーダーした髪色にしてもらえますが、自分で染める場合は注意しなければいけない点もあるようです。

美容院の人は、その人の髪質を見てオーダーした髪色に近付けるように2人で相談しながら進めていきます。

しかし、自分で染める場合は自分で全て決めていかなければいけません。

市販の白髪染めも最近では色のバリエーションが増え、明るい色も昔に比べると沢山発売されています。

明るい色も発売されているということは、家庭で染めても明るい色に染めれる!と考えてしまうのですが、その希望の色に染まらない場合もあるので注意してください。

例えば「髪質」です。

髪質が柔らかい軟毛の人は、比較的自分が希望している色に染まるのですが、髪の毛が硬くて太い人の場合は希望している色に染まりにくいです。

市販の白髪染めの説明書にも「髪の毛が硬い人は時間を少し長めに置いてください」と記載されています。

色を選ぶ時は、希望の色より1トーン明るい色にすると希望している色に近付きます。

他にも「白髪の量」によって違いがでてきます。

明るい色を選んでも白髪の量が少ない場合は、全体的に見ると明るくなりません。

白髪よりも元の黒髪の色のほうが量が多い分、選んだ色より暗くなってしまいます。

逆に白髪の量が多い人が明るい色を選んだ場合は、白髪にその明るい色がそのまま染まるので全体的に見ると明るく変身できるのです。

白髪染めでも明るい色に染めることはできますが、髪質や白髪の量によって、見た目が変わってしまうということだけ頭に入れて色を選ぶようにしましょう。

白髪染めや部分染めでおすすめの明るい色とは?

市販の白髪染めや部分染めも明るいトーンで染めれるタイプも沢山発売されています。

しかし、オシャレ染めのような本当に明るい色にすると白髪自体に色が入りにくいため、白髪が隠せない場合があるので注意してください。

白髪をしっかり隠したいと思っている人は、ブラウン系を選ぶのがベストです。

最近ではブラウン系1つとっても色んなカラーバリエーションがあるので、ブラウン系の中からオレンジ・イエローなど暖色系の色をチョイスすると、明るく変身できます。

【白髪染めや部分染めの明るい色】 おすすめ商品

明るい色に染めれる市販のおすすめの白髪染めを紹介します。

「ホーユーシエロヘアカラーEX ミルキー」

この白髪染めは乳液タイプで髪にのばしやすく、クシ型になっているので梳かしながら簡単に染めることができます。

色もブラウン系が16色あるのでおすすめです。

部分染めには、同じホーユーから発売されている「ホーユーシエロヘアカラーEX クリーム」がおすすめです。

伸びた白髪部分だけにも使えて、取り置きできるので、経済的です。

さらに、色のバリエーションはブラウン系が18色もあるので、自分の好きな色が見つかると思います。