白髪染めの部分染めタイプを生え際などに使用したことってありますか?

私も白髪染めてはしていますが、部分染めを使用したことはありません。

キチンと染まるなら生え際や伸びた部分に使ってみたいとは思っているのですが・・・。

口コミの評価が高いのか気になるところです。

部分染めの口コミの評価と評価の良い商品を紹介します。

白髪染めの理想的な染め方は?

白髪染めは、白髪をわからなくし若々しい印象を与えてくれます。

そのため、白髪が目立ち始めると、又すぐに染める人は多いです。

しかし、考えてみると髪の毛は1ヵ月に約1cmほど伸びるので、白髪が嫌な人は、1ヵ月間隔で染めている人もいるということになります。

白髪染めのヘアカラー液剤は強く、髪の毛や頭皮にかなりの負担がかかってしまいます。

現在では、美容成分を配合している白髪染めも増えていますが、毎月染めることで髪はツヤがなくなりパサつきやすくなり、頭皮もダメージを受けてしまいます。

髪や頭皮に負担がなるべくかからないようにするには、少し白髪染めを見直してみる必要があります。

では、白髪染めの理想的な染め方を紹介しますね。

白髪が多い人は、まずは全体染めのヘアカラーでしっかり白髪を染めます。

そして、髪の毛が伸び白髪部分が目立ち始めたら部分染めや髪や頭皮に負担がかからない「白髪染めヘアカラーやシャンプー」などを利用します。

白髪染めヘアカラーは、髪の表面に色を付けるので、髪の毛には負担が少ないですし、配合されている成分はトリートメント効果の成分が多いので、頭皮にもダメージが少ないのです。

しかし、しっかり染まるタイプではないというデメリットもあります。

白髪染めの部分染めは、白髪が伸びいる部分だけを染めるので、髪や頭皮にも全体染めをするよりは、ダメージを抑えることができます。

美容院などでは、リタッチ染めというようです。

家庭で使用する部分用の白髪染めは、全体染めのように手袋などの用意は必要がなく、スティックタイプでサッと出掛ける前に簡単に塗れるのでおすすめです。

ただ、デメリットとしては、一時的に白髪を隠すために白髪の表面だけに色を付けているので、シャンプーすると落ちてしまいます。(徐々に染まっていくタイプもあります)

全体染めヘアカラーでしっかり染め、伸びた部分は自分が気になるまでは、部分染めや白髪染めトリートメントなどで乗り切り、白髪染めの間隔を長くするのが理想的な染め方です。

白髪染めの部分染め商品は生え際も染まる?

部分染めに白髪染めにも種類があります。

ファンデーションタイプ・スプレータイプ・ヘアブラシ・ヘアマスカラなどです。

ファンデーションタイプは、顔にする化粧と同じように白髪部分にパフで軽くたたくように付け白髪をぼかしていきます。

スプレータイプは、白髪部分に色をスプレーし隠します。

この2つの場合は、しっかり生え際を隠してくれるというと微妙な感じになってしまいます。

特にスプレーは、ピンポイントで付けれる場合が少ないです。

部分染めで生え際もしっかり染めるタイプでおすすめなのが、ブラシやマスカラタイプです。

どちらともスティックタイプになっていて、白髪に直接塗れるので、しっかり染めてくれます。

白髪染めの部分染めで生え際に評価が良い商品は?

生え際を染めやすい人気の部分染めを紹介します。

「POLA カラークイックブラシ」

POLAから発売されている部分染めで、ブラシで髪をかきあげるようにして簡単に使えます。

乾きも速いので、急ぎのお出掛けでも簡単に使えます。

「資生堂 ブラッシングヘアカラー」

資生堂から発売されている部分染めの白髪染めで、マスカラタイプになっています。

色は、自然な黒色と自然な褐色の2色あります。

簡単に染められ、それでいて雨や汗に強いのでおすすめです。

白髪染めをする場合は、髪や頭皮のことも考えるようにすると、ダメージも抑えられます。