こちらの記事では、白髪染めシャンプーとトリートメントの違いや使い勝手の比較、そして、人気商品のランキング2018年最新版をご紹介します。人気ランキングでは、口コミも合わせてご紹介します!

40代にして、白髪染め歴2〇年…ずーっと月に1度、美容院での白髪染めをしてきましたが、ある日、頭皮違和感が!それ以来、もっぱら自宅でできる白髪染めシャンプー&トリートメントを使用しています。出産後は美容院に行く時間もないし、なにより美容院のカラーは毎月の出費が痛い…。そんな不満も、自宅染めにしてから解消できました。

この記事を読んでくださった方も、市販品の白髪染めで自分にぴったりのものを見つけて、ストレスを減らしていただければ幸いです。

白髪染めシャンプーとトリートメント、どちらがおすすめ?

自宅でできる白髪染めといえば、ドラッグストアではヘアカラーやマニュキアが一般的です。ですが、私は白髪染めシャンプーまたはトリートメントをおすすめします。
理由は…毎日のお風呂で、手軽に染めることができるから!
ヘアカラーやマニキュアも昔に比べると使いやすくなりましたが、乾いた髪にぬるためお風呂のついでにはできないし、腰が重くなりがちです。それに比べ、シャンプーやトリートメントなら、いつも使い物を白髪染め用に変えるだけ♪自然に染まるので仕上がりも気に入っています。

白髪染めシャンプーは髪の短い人や男性におすすめ

毎日のシャンプーを白髪染め用に変えるだけで、手軽に白髪が染まります。
トリートメントをする習慣のない方は、白髪染めシャンプーがオススメです。

白髪染めトリートメントは髪の長い人におすすめ

髪が長い方は、ぜひ白髪染めシャンプーを使ってみてください。シャンプーでも染まりますが、トリートメントの方がより白髪染め効果を実感しています。
トリートメントのついでに髪が染まるので、ヘアケアをしながら白髪対策もできてしいますよ!

白髪染めシャンプーとトリートメントの使い方、簡単なのはどっち?

白髪染めシャンプーとトリートメントは、どちらも使い方はとってもカンタンです♪
白髪染めシャンプーは、いつも使っているシャンプーと代えるだけ。
白髪染めトリートメントは、いつものシャンプーの後に髪に塗るだけ。
ただし、白髪を早く綺麗に染めるには、それぞれ使い方のコツがあります。

白髪染めシャンプーの使い方のコツ

多めにたっぷり使う

シャンプーの量が少ないと、白髪に白髪染め成分が十分にいきわたらず、染めムラやなかなか染まらない原因となります

泡立ててから、長めに放置する

商品パッケージの説明通りの時間を置いてもなかなか染まらない場合は、もう少し長めにして様子を見ましょう。
※ただし、放置しすぎると頭皮や髪を傷める原因になります。様子を見ながら、少しずつ伸ばしていきましょう。

整髪料やワックスを付けているなら、2度洗い

スタイリング剤を付けている場合は、それを綺麗に落としてからの方が染まりやすいです。
ただし、このときに普通のシャンプーを使ってしまうと、それまでに染めてきた染料も落ちやすくなるので、カラーシャンプーで2度洗いしましょう。

白髪染めトリートメントの使い方のコツ

整髪料やワックスはきれいに落としてから

整髪料やワックスが髪に残っていると、きれいに染まりにくいです。シャンプーで、髪の毛の汚れを落としたあとに、しっかりと水気を切ってトリートメントを塗るのが良いです。

シリコン入りシャンプーを避ける

シリコンは髪をコーティングしますので、カラートリートメントの染料が髪に入りにくくなります。やみくもにノンシリコンが良いというわけでもありませんが、白髪染め効果を高めたい場合は、ノンシリコンのシャンプーを使うのがオススメです。

閑話休題

ノンシリコンシャンプーのブームが一時ありましたが、むしろ市販のシャンプーは、その洗浄力の強さが問題です。美容師の友人いわく、ドラッグストアなどでよく売っているシャンプーは、台所洗剤(ママレモンとか)と同じくらい強い洗浄成分があるのだそう。それで毎日髪を洗えば、そりゃ痛みもしますよね。シリコンでそれをコーティングしてカバーしているわけですが、時間がたつとシリコンは剥がれ落ちてしまいます。すると、健康なキューティクルも一緒に剥がしてしまうので、ますますダメージが悪化するという負のループになるのだそう…。
この話を聞き、質の高いシャンプーを選ぶことが、髪の健康には何よりも大事だと感じました。白髪染めシャンプーのオススメ商品も、質重視で選んでします。

シャンプー前の乾いた髪に塗る!とう裏技も

どうしても染まりにくい場合は、シャンプーの前に、乾いた髪の毛に塗ると白髪染め効果が高まります。これじゃ普通のカラー材と同じ使い方じゃん、と思いますが、トリートメント成分なので安心して頭皮に塗れますよ。

白髪染めシャンプーとトリートメントの効果の違い

白髪染めシャンプーも白髪染めトリートメントも、使っていく中で徐々に髪の毛が染まっていくという点では同じです。
ただし、染まり方に違いがあります。

染まるまでの回数

染まるまでの回数は、シャンプーよりもトリートメントの方が少ない回数で効果を実感できます。

放置時間

一回あたりの放置時間は、シャンプーのほうが短く、トリーメントの方が長くなっています。

染まり方

シャンプーの方は、自然な色の入り方になります。真っ黒などしっかりと色が入るわけではありませんが、自然に白髪をカバーできます。
よりしっかりと染めたい方は、トリートメントの方がオススメです。

パパもじじばばも、家族で一緒に使いたい!人気色や選び方は?

白髪染めシャンプーやトリートメントなら、家族で一緒に使うこともできて経済的です。
パパなど男性にはシャンプーの方が好評です。色の入り方も自然ですし、毎日のシャンプーを白髪染め用に変えるだけという手軽さもウケて、継続してくれますよ。
色は、とくに男性の場合は赤みを感じないほうが自然に見えるので、黒かダークブラウンなどがおすすめです。

白髪染めシャンプーとトリートメント、コスパが良いのはどっち?

(準備中)

頭皮に優しいのはどっち?ヘアケア・美容効果の比較

(準備中)

白髪染めシャンプー人気ランキング【2018年最新】

・人気ランキング1位
・○○○の口コミ
・人気ランキング2位
・○○○の口コミ
・人気ランキング3位
・○○○の口コミ

白髪染めトリートメント人気ランキング【2018年最新】

・人気ランキング1位
・○○○の口コミ
・人気ランキング2位
・○○○の口コミ
・人気ランキング3位
・○○○の口コミ

白髪が増える原因と、食べ物や生活習慣でのおきがる白髪対策

こちらのトピックでは、白髪が増える原因と、日々の中でできる白髪対策についてご紹介します。

白髪が増える原因は?

東洋医学では、髪の毛は血の余りであると考えられています。つまり、血液が健康でないと、良い髪の毛も生まれない!ということだそう。

白髪が増える原因はおもにこちらといわれています。
1.老化
2.ストレス
3.生活習慣

遺伝的要素もありますが、ストレスや生活習慣も深く関係しているのだと、美容師の友人に教えてもらいました。
老化や遺伝は自分ではどうにもなりませんが、ストレスや生活習慣を改善することが、自分でできる白髪対策になるということです。

食で改善!白髪によい食べ物や食生活は?

白髪に良い食べ物として、黒い色素の元「メラノサイト」を作り出すのに役立つ成分を含む食材があげられます。

・ワカメ、昆布などの海藻類
・牛乳、チーズなどの乳製品
・大豆、納豆などの豆類

これらをバランスよく食べることが大事ですね。
ちなみに、私はこちらの漢方成分を含むサプリメントも愛用しています。

★黒ツヤ ソフト

白髪に良い生活習慣は?

ストレスの少ない生活を送りましょう!といえば一言で済みますが、それができないから困りますよね。
生活習慣を改善するには、まず「自律神経を整える」習慣を取り入れていきましょう。

自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」からなっていて、この二つがバランスをとって作用することで、私たちの体を健康に保とうとする機能です。
自律神経のバランスが崩れると、体に不調を感じるだけでなく、心まで不調をきたすことがあります。

おすすめ!自律神経を整える習慣

1、寝る時間、起きる時間をなるべく同じにする
一日のリズムが整うと、身体が整いやすくなります。夜は副交感神経が働くことでリラックスし、昼は交感神経が働くことでハツラツと行動できます。
2、毎日ラジオ体操をしてみましょう
適度な運動と、深呼吸は自律神経を整えるのにやくだちます。そこでおすすめなのが、ラジオ体操です!
ラジオ体操には上半身を中心に体をほぐす動きが多く、深呼吸も含まれています。
youtubeなどに動画がありますので、それを見ながらちょっと真剣に取り組んでみてください。
3、リラックスできる香り(アロマ)を持ち歩く
自分が「好きだな」と思う香りを見つけて、持ち歩くのもオススメです。活動用と休息用に2種類を持っていると、その香りを嗅ぐだけでリラックスできたり、行動のきっかけになるので良いですよ。

まとめ

たかが白髪、されど白髪。
白髪がなくなれば見た目も若々しくハツラツとして見えますが、実は、その根本を取り除くことで、本当にハツラツとした毎日を送れるようになりますね。

白髪染めシャンプーやトリートメントと一緒に、生活習慣の改善も工夫して続けていきましょう!
私も楽しく頑張ります!